島とうふ屋の思い

豆腐

島とうふ屋外観

島とうふ屋(高野食品)では、豆腐、こんにゃく、厚揚げ、湯葉など約20種類の商品を製造しています。

商品はどれも大豆・凝固剤・製法・硬さ・用途が違い、特色があります。

島とうふ屋の料理

島とうふ屋料理イメージ

奄美の島料理一つの同じ島ですが、各地域、集落、家庭により同じ島でも微妙に違ったり特色があります。

この二つの特色と伝統を継承しつつ、奄美の豆腐屋として、豆腐を使った新しい島料理を追求したいと情熱を注いでいます。

発想は食べて学ぶ

島とうふ屋のスタッフは食べることが大好き。

メニューの中には、従業員の作ったまかないから生まれた商品も多い。
日々、豆腐と、新しい食材、製法、味の組み合わせによって生まれる『新しい何か』を求め続けています。

 

pic04 1

pic04 2

pic04 3

pic04 4


島とうふ屋の朝はだし作りから

島とうふ屋の朝はだし作りから

島とうふ屋の朝一番の作業はだし作り。だし昆布に宝勢丸の削り節をたっぷりと使い、丁寧にじっくりと作ります。
味を整えるのは、塩と薄口醤油のみ。島とうふ屋に欠かせない存在です。


奄美の海<塩とにがり>

島とうふ屋の味付けに使う塩は、奄美の海水からとれた天然海塩。

そして「島とうふ」を作る際に凝固剤として使う「にがり」は天然海塩を作る時の副産物。
奄美の豊かな海を丸ごといただきます。

 

pic02 2

pic02 3

 
  • 島とうふ屋の思い
  • お客様の声コーナー
  • スタッフブログ・島とうふ日和
  • 奄美みき:奄美人が愛する、ほんのり甘いお米と砂糖と芋でできた発酵飲料。
  • 島とうふ屋のお取り寄せ

このページのTOPへ